認知症についての相談やお問い合わせ
ご質問、お問い合わせ、気になることなんでもご相談ください。

2017年10月10日 14:21 | | コメント(0)


《上益城圏域》熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター事例検討会を開催いたします。


日 時: 平成29年11月4日(土) 15:00~17:00
場 所: 矢部保健福祉センター千寿苑内
     (上益城郡山都町千滝232) 
         
内 容: 【ミニ講座】
      「若年性認知症患者と家族へのアプローチ」     
         講師 : 益城病院 吉村 裕子 先生      
        
    【事例検討】 ~若年性認知症のある方への支援を通して~ 
       事例1:上益城きぼうの家 井出 三枝 氏   
       事例2:益城病院居宅介護支援センター 福島 ひろみ 氏
       

対象者: 医療機関及び介護従事者、行政関係者、その他専門機関従事者等
参加方法: FAXによる事前申し込みが必要です
                専用FAX用紙はこちらをClick!⇒ 上益城圏域 ご案内・申込書.doc
        申し込み締め切りは、平成29年10月27日(金)です
参加費: 無料
問い合わせ: 益城病院 認知症疾患医療センター
        連携担当: 田中 
        電話:096-286-3611  FAX:096-286-8145
       
本事例検討会は、日本医師会生涯教育制度の単位取得の対象となります(2単位)
カリキュラムコード
(12)地域医療 (13)医療と介護および福祉の連携 (29)認知能の障害

↑このページのトップへ戻る

2017年10月 6日 09:04 | | コメント(0)

【阿蘇圏域】熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター事例検討会を開催いたします

主 催: 阿蘇やまなみ病院 熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター
日 時: 平成29年11月14日(火) 15:00~17:00(2時間) 
会 場: 南小国町自然休養村管理センター 1階 和室
     (所在地)南小国町大字赤馬場144-1
内 容:① 事例検討
      緑がわ小国 山本れい子氏、安川さゆり氏
    ②認知症研修
      阿蘇やまなみ病院 高森 薫生氏
   
対象者:認知症医療にかかわる専門職  
参加方法: FAXによる事前申し込みが必要です
       専用FAX用紙はこちらをClick!⇒阿蘇圏域 地域版事例検討会ご案内・申し込み用紙.docx     
       申し込み締め切りは、平成29年3月7日(金)です
参加費: 無料


問い合わせ: 阿蘇やまなみ病院 熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター
       連携担当: 塚本 恵太
       電話:0967-22-0525 FAX:0967-22-4608

↑このページのトップへ戻る

2017年10月 5日 15:31 | | コメント(0)

《有明圏域》熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター事例検討会を開催いたします

主 催: 荒尾こころの郷病院 熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター
日 時: 平成29年11月8日(水) 19:00~21:00 (予定)
会 場: 玉名市文化センター 
(〒865-0051 玉名市繁根木88-1 TEL:0968-75-1312)
内 容: テーマ「保健所との連携」
     【第1部】 
          講 演:「熊本県有明保健所の紹介と保健所業務について」
     講 師: 熊本県有明保健所 保健予防課 保健師 江藤 多佳代 氏
   取得cc:(11)予防と保健・・・0.5単位

   【第2部】
   事例検討 「急いでどうにかなりませんか?~医療・保健・介護の連携~」
   事例提供者:荒尾こころの郷病院 精神保健福祉士  松隈 幸雄 氏
   取得cc:(13)医療と介護および福祉の連携・・・0.5単位
   取得cc:(29)認知能の障害・・・1単位


対象者: 認知症医療にかかわる専門職
参加方法: FAXおよびメールでの事前申し込みが必要です。
     また、今回の講師である有明保健所の江藤様に対して、何か質問のある方は参加申し込
     みの際に、事前質問票もお送りいただけますよう、よろしくお願い致します。
      ご案内・専用FAX用紙はこちらをClick!
     ⇒ 有明圏域 地域版事例検討会 ご案内.doc
            ⇒有明圏域 地域版事例検討会 申し込み用紙.doc
     ⇒ 有明圏域 地域版事例検討会 事前質問票.docx     
       申し込み締め切りは、平成29年10月20日(金)です
参加費: 無料
  ※会場の都合もありますので、定員になり次第締め切らせていただきますことをご了承ください。
備 考:駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせてのご来場をお願いいたします。


お問い合わせ先: 荒尾こころの郷病院 地域拠点型認知症疾患医療センター
         連携担当: 宗 久美
         電話:0968-62-0838  FAX:0968-62-5112


本事例検討会は日本医師会生涯教育制度の単位取得の対象となります(2単位)
cc:(11)予防と保健 (13)医療と介護および福祉の連携 (29)認知能の障害

↑このページのトップへ戻る

2017年10月 5日 09:17 | | コメント(0)

認知症市民フォーラム in うき 2017  ~認知症になっても安心して暮らせる地域(まち)づくり~ を開催いたします。


主管:宇城市地域包括支援センター
共催:宇城市認知症を考える会・宇城市・エーザイ株式会社

日時:平成29年11月11日(土)  13:30~16:30 (13:00~開場)
場所:ウイングまつばせ
   (宇城市松橋総合体育文化センター)
内容:1.オープニング・アクト 
    市民劇団うきうきによる認知症劇:「熊本地震から1年~共に歩んでいこう~」
   2.式典
   3.新規事業説明
    宇城市認知症初期集中支援チームについて
   4.事例報告
    「認知症ケアの取り組みについて~その人らしさを信じて~」
   5.基調講演
    演題:「認知症になっても安心して暮らせる地域(まち)づくり」
    演者:福祉ジャーナリスト 町永 俊雄 氏 
  
[ロビーにて展示及び体験コーナー]
 ロビーにおいては認知症について市民が認知症への理解を深めてもらうため、パネル方式で展示します。
 また認知症医療・介護に関する情報はもちろんのこと、製薬会社や認知症介護機器メーカーなどもパンフレットや機材の提供をいただき展示します。
 認知症予防体験コーナーや書籍販売コーナー等も設置します。 


対象者:宇城市民、認知症について関心のある人、医療・介護従事者、認知症介護を行う人

定員:600名程度 入場無料
  
認知症市民フォーラムinうき2017チラシ.pdf
           
お問い合わせ:認知症市民フォーラムinうき 2017実行委員会事務局
       宇城市地域包括支援センター(宇城市不知火町高良2273-1)

↑このページのトップへ戻る

2017年9月11日 14:04 | | コメント(0)

≪八代圏域≫熊本県地域拠点型認知症疾患医療センターの事例検討会を開催いたします。

主催:平成病院  熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター
共催:八代市第2地域包括支援センター

後 援:八代市医師会 八代郡医師会 八代歯科医師会 
日 時:平成29年10月23日(月) 19:00~21:00 
会 場:地域密着型特別養護老人ホーム 八代草 (八代市海士江町2833-1 Tel:0965-62-8550)
内 容: 1.事例検討会(グループワーク)
         「できる限り孫との生活を続けたい~金銭管理が難しい方の事例~」
         八代第2地域包括支援センター 岩坂 知恵子

          2.ミニレクチャー
         「レビー小体型認知症について」
           平成病院  熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター 院長 本田 荘介
対象者: 認知症医療、福祉、介護施設、居宅、通所、福祉用具等の関係の方々
参加方法: FAXによる事前申し込みが必要です
         専用FAX用紙 ⇒ 八代事例検討会 申し込みFAX.docx      
       申し込み締め切りは、平成29年10月11日(水)です
参加費: 無料

備考:会場の都合により参加者は50名までとなります。申し込み順とさせて頂きます。

    駐車場には数がございますので、極力、乗り合わせてお越しください。
問い合わせ: 平成病院 熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター
         連携担当:西田・中村・渡邉 
         電話:0965-32-8171  FAX:0965-32-8172
         E-mail: heiseikai-n@be.wakwak.com

本事例検討会は日本医師会生涯教育制度の単位取得の対象となります(2単位)
カリキュラムコード
(10)チーム医療 (12)地域医療 (13)医療と介護および福祉の連携 (29)認知能の障害

↑このページのトップへ戻る

2017年8月28日 18:04 | | コメント(0)

【球磨圏域】熊本県地域拠点型認知症疾患医療センター事例検討会を開催いたします

主 催: 医療法人精翠会 吉田病院
日 時: 平成29年9月12日(火) 19:00~20:45
会 場: 地域生活支援センター翠 2階ホール (熊本県人吉市下城本町1486番地4)
内 容: ①認知症研修 19:00~19:45
    「認知症における精神症状について」 
        吉田病院 認知症疾患医療センター長  中村 博喜
    ②事例検討   19:45~20:45
        ニチイケアセンターにしき 訪問看護ステーション 看護師 平橋 育美
        相良村地域包括支援センター 保健師 石塚 ちひろ
対象者: 認知症医療にかかわる専門職
参加方法: FAXによる事前申し込みが必要です
                専用FAX用紙はこちらをClick!⇒ 球磨圏域:吉田病院事例検討会FAX用紙.docx
      申し込み締め切りは、平成29年9月5日(火)です
参加費: 無料
問い合わせ: 吉田病院 認知症疾患医療センター
         連携担当: 宮原・松田
         電話:0966-22-4051  FAX:0966-22-7578

本事例検討会は日本医師会生涯教育制度の単位取得の対象となります(1.5単位)
カリキュラムコード
(13)医療と介護および福祉の連携:0.5単位 (29)認知能の障害:1単位

↑このページのトップへ戻る

2017年8月23日 22:00 | | コメント(0)

 残暑が厳しい8月の開催でしたが、今回は心理士研修が事前に開催されたこともあり、全体では100名を超えるご参加をいただきました。また、本編と分科して導入した認知症基礎講座Ⅲには、30名以上のご参加をいただき、残暑とは別の「熱さ」みなぎる事例検討会となりました。

日 時:平成29年8月19日(土)、15:00~
場 所:熊本市医師会館
(次 第)
1. 開会
2. 事例検討会
「易刺激性に対しアセナピンが著効後首下がりが悪化したEOADの一例」
               担当:平成病院 医師 畑田 裕
「医療保護入院同意者以外の家族との退院調整に苦慮した1例」
               担当:熊本大学病院 社会福祉士 丸山 貴志
「幻視の2例 」
               担当:天草病院 医師 宮川 民平
3. 認知症基礎講座Ⅰ
「レビー小体型認知症の新しい診断基準について」
               担当:熊本大学病院 医師 橋本 衛
4. 認知症基礎講座Ⅱ
「認知症患者に関わる理学療法士の役割」
               担当:介護老人保健施設みつぐ苑 理学療法士 濱本 洋典
5. 認知症基礎講座Ⅲ
「CDRについて」      担当:熊本大学病院 医師 福原 竜治

6.閉会

0001.JPG
00021.JPG
0003.JPG
00041.JPG
00051.JPG
00061.JPG
00071.JPG
00081.JPG
00091.JPG
00101.JPG
0011.JPG
0012.JPG
0013.5.JPG
0013.JPG
0014.JPG
0015.JPG

★「易刺激性~」ではアセナピン投与以前の投薬や首下がりに関する質疑が行われました












★保護者制度廃止によって、入院同意者と他の家族との意見が一致しない場合の退院支援の難しさについて、とりあげていただきました




★幻視、特に「虫」の幻視が顕著だった事例を経過とともに提示していただきました





★基礎講座Ⅰでは、改訂された新しいDLB診断基準についてご講義いただきました




★基礎講座Ⅱでは、初の理学療法士さんによる、認知症の時期に応じた関りやセラピーの必要性・効果について、わかりやすくご講義いただきました




★基礎講座ⅢはCDRについて、座学と映像ケース演習を行いました。質疑も活発で、福原先生がわかりやすく回答してくださいました










★次回、第52回事例検討会は、平成29年10月28日(土)、場所は4年ぶりに吉田病院で開催いたします。よろしくお願いいたします★

↑このページのトップへ戻る

1234567891011  

私たち熊本県認知症疾患医療センターには認知症専門医相談員を配置しており、「認知症専門医療機関の紹介」「医療機関の受診前の医療相談」「認知症の原因疾患を特定する鑑別診断及び診断に基づいた治療や初期対応」等を行っています。認知症に関する悩みや心配事がありましたら、熊本県認知症疾患医療センターにご相談ください。